矢祭の、「2018年6月21日もくようび、夏至、くもり。」

帰ってきたら、玄関にお客様がきてました。(内川・女性)

こんにちは。ゆかいな仲間たちその1maruです。
6月の○月×日がまとまりました。

→ 「やまつりの○月×日」とは?(これまでの○月×日もご覧いただけます)

…今回は、今回ほどバタバタな○月×日はなかった…

実は、「今回の○月×日は夏至にしよう!」とずいぶん前から計画していました。
平日だから参加してくださる人は大変かもしれないけど、1年で一番日が長い夏至なら、お仕事終わりのおうちの様子など撮影しやすいんじゃないかなと目論んだわけです。
ところが。
本業の方でバタバタしていたこともあり、なんとなく「夏至って来週だったよね~」なんて思って余裕をかましておりましたらば。

…気づけば、夏至の前日。まったくもって告知しておらず(汗)
いやあ、慌てました。取り急ぎ、毎回参加してくれる○月×日メイトの皆さんに慌てて告知をしたのですが、慌てすぎ全員への告知ができておらず。
連絡が間に合わなかった方も数知れず。本当にごめんなさい。

とはいえ、そんな私の慌てっぷりをナイスフォローしてくださったのもま○月×日メイトの皆さんでした。
今回も素敵な写真がたくさん集まりましたよ。
当日は、くもり。せっかくの夏至だったのに太陽の光を浴びたという実感はついぞ味わうことなく1日が過ぎました。
ところが、実は何気にこの「○月×日」はこれまでずっと晴れの日ばかりに当たっておりまして、今回貴重な「曇天の中での○月×日」と相成ったのでした。

畑や田んぼは夏景色にシフトしています。草木の緑がぐんと濃く感じられる写真が増えたのは、曇り空のせいだけではないでしょう。季節がゆっくり変化している様子を感じていただけると幸いです。

一枚ずつに、撮影者のコメントが入っています。画像をクリックすると順にご覧いただけますよ。

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。