翔べ!つばめ!

町内にお住まいの増子さんからの情報です。

**************************

晴れ!涼風!巣立ちに絶好の朝!
兄妹が元気に飛び立った!
この子だけがトラック荷台に落ちた!
親が旋回し見守っていたが
うずくまり目をつむり
肩で息をしているのを見ると
やがて居なくなった。
自然の摂理に人間がむやみに
関与するのはご遠慮くださいと
公共機関から指導を受けたが
見捨てるなどとてもできない!
YouTubeで見つけた生き餌を買い!
ピンセットで無理やり押し込む!
目を白黒させゴックン!
息を詰まらせ死んでしまうのではと思いながら
1匹、今度は2匹と増やしながら押し込んだ
体力を付けるため
栄養価が高かいブドウ虫を押し込んだ!
美味そうに食べた!
3日も過ぎると瀕死の状態から
止まり木で羽をばたつかせるまでになり
私に視線を合わせるまでになった。
それからというもの人影、足音がすると
口を開け声を出し餌をねだるまでになった。
よ~し次は、
愛猫みーちゃんを部屋から追い出し
邪魔者無しで飛行訓練だ!
棚から棚へ!
ホバーリングも出来るまでになった。
8月末になると急に涼しくなったせいか
あれ程群れて飛んでいた
親、兄妹、仲間達が居なくなっていた。
渡ったのだろう!
置いてきぼりされたこの子を
野生に帰すには群れに頼むしかない!
車の助手席に乗せ2時間程群れを捜し回ったが
何処にも見つからなかった。
昨日(2日)
ツバメ探しを頼んでいた日立の叔母が
近所に群れているのを見つけてくれた。
直ぐに助手席に乗せ日立まで!
籠の入口を開け
自分の意思で飛び立つまで待つ事にし
叔母に預けてきた。
群れに混ざれるだろうか?
自分で餌獲れるだろうか?
いじめられないだろうか?
一晩中心配は、募った!
今朝7時41分叔母から電話が!
「元気に一直線に飛んで行ったよ」
涙がでた!良かった!
来年春!温かくなったらここに帰って来いよ
楽しみにまってるぞ!
 

コメント

error: Content is protected !!