2/1 あゆとゆずを使ったお料理教室に参加してきました。

完成品です。 なかなか見事なものでしょう?

2月1日に「やまつりまち・ひと・みらいづくり協議会」主催の「あゆとゆずを使ったお料理教室」というイベントに出席してきました。
元々自分が地域おこし協力隊の活動として特産品の開発をしていく中で鮎のお寿司を提案して、その流れで里シェフに完成形を依頼したような形になりました。

先生はお二人。
東京で完全予約制の「酢飯屋」というお寿司屋さんを経営されている岡田大介さんが手毬寿司を、料理研究家でもあり作家でもある樋口直哉さんが唐揚げ、味噌汁を作ってくれました。

さすがプロですね。とても見事に鮎を活用してくださいました。

参加された皆さんも熱心に聞き入っていて、これから町内のあちこちで振る舞ってもらえそうですよ。
ますます矢祭町が鮎と柚子で盛り上がるといいな、と心から思ったのでした。

完成品です。
なかなか見事なものでしょう?

先生のご指導の下手毬寿司を握ってみました。
シャリが手に付きにくい方法も教わりました。

魚(鮎)ってこうやって揚げるんですね

コメント

error: Content is protected !!