矢祭山の紅葉に関わる、みんなのお願い。

矢祭町の紅葉情報は、当サイトでもご案内しておりますが、矢祭町役場公式ホームページでもチェックしていただくことができます。
www.town.yamatsuri.fukushima.jp/page/page000222.html

矢祭町内各地の紅葉は今が見頃。ぜひお越しください。

さて。

紅葉情報の中に、現在、以下のお知らせが記載されています。

(以下、矢祭町役場サイトより転載。読みやすいように改行を加えています)

※観光客の皆さんへのお願いです。

 紅葉シーズンを迎え、矢祭山にも主に鉄道写真を撮られる観光客の姿を多く見かけるようになりました。
これほどに多くの方が矢祭山に関心を寄せていただくことは大変嬉しく感じておりますが、
同時に一部のマナーの悪い写真家に対するご意見もいくつか役場に届いております。
特に11月9~11日にかけての週末には、写真を撮る際に写り込むツツジをバッサリ切ってしまうという悲しい事案が発生したほか、
園内を私的に占有してしまうという観光客も現れ、観光担当者として大変胸を痛めています。
 多くの写真家の皆さんがマナーを守って撮影を楽しんでいらっしゃることは良く分かっておりますが、
たとえ一部の観光客であっても、このような事案が多発する場合には、県立自然公園を預かる町当局としては、
立ち入り規制を含めた厳しい対応を取らざるを得ない状況も十分に考えられます。
今しばらくは、観光客のマナーを信じて物理的な規制等は考えておりませんが、
今回のツツジ無断伐採については警察にも相談しているところであり、悪質な行為には毅然として対応していく所存です。
矢祭山は我々町民の誇りであり、そこを訪れる皆さん全員にとっての財産でありますから、
今後とも節度ある利用にご理解をいただきたくお願いいたします。

この件については、twitterでも実際に現場を見られた方からの情報がありました。
そして、観光客の方はもちろん鉄道写真撮影を楽しむ皆さんからも厳しい声が上がっていました。

多くの方に矢祭山はじめ町内各所に足を運んでいただけることは本当にうれしいしありがたいことです。
またtwitterなどで、矢祭山での季節の風景と共に列車の写真を撮影される方が年々増えていること、そして素晴らしい写真を撮影されていることを知ることができ、地域のすばらしさを改めて知る良いきっかけになりました。
それだけに、一部のマナーの悪い人たちの行動は大変に腹立たしく思っています。

今回のツツジの伐採については、「植物だからいずれ元に戻るだろう」という思いがあってのことかもしれませんが、そもそもの目的である自然と列車との調和を撮影するという行動と大きく矛盾します。
良い写真を撮るためなら何をしてもいうものではないし、「悪気があったわけではない」としたとしても自己中心的で許されるべきでない行為であることは確かです。

また、撮影場所によっては怪我等の恐れがある箇所もあり、そうした悪質なマナー違反が今後その危険を助長しないとも言い切れません。
今回、矢祭町としてそうした行為に対して毅然とした対応をしていただけるということです。
が、矢祭山の風景を大事に思う一人としては、そうした対応を取らなくてもこれからもずっと皆さんに楽しんでいただける矢祭山であり続けるよう、願うばかりです。

次の春も、そして秋も、皆さんにとって楽しみな場所であり続けるために、みんなで協力していきたいですね。

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。