次回の「やまつりの〇月×日」は1月20日(土)です。

2013年1月の矢祭町高野谷地区で撮影した夕日。

新年第一声になりました。
ゆかいな仲間たちその1 maruです。今年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって良い一年となりますように。
私にとって2017年は、地域おこし協力隊のお三方と知り合い、ウエルカム矢祭のお手伝いを始め、そして「やまつりの〇月×日」をスタートした記念すべき1年となりました。
今年はどんな年になるでしょう。ワクワクするようなこととたくさん出会えますように。

年が明け朝晩の冷え込みも更にググッと厳しくなってきました。
日中は晴天続きです。
雪国育ちの私にとってこの日差しは何とも贅沢な自然の恵みに感じますが、一方で晴れていても乾燥してキーンと刺すような寒さを感じることもあり、矢祭の冬って厳しい…と思ってしまったりもします。

というわけで、今度は「矢祭の一番冬らしい日」を狙ってみようと考えました。
第1回第2回第3回第4回と回を重ねてきました「やまつりの○月×日」。

次回開催日を決めました。1月20日(土)です。
この日は二十四節気の「大寒」。1年で最も寒い時期を指します。
一方でここを過ぎると季節はゆっくり春に向かっていくということにもなります。そんな日の矢祭を皆さんで切り取ってみませんか?
矢祭は東西に広いのですが、高低差も結構あり、ほとんどの地区で雪が降っていない時でも、10数cmの積雪がある地区もあったりして「冬景色」とひとくくりにしても様々なんです。
そんないろんな町内の様子が集まったら楽しいなと思っています。

→ 「やまつりの〇月×日」とは?

 
**大切なこと**
・1/20(土) 0:00~23:59までに矢祭町内で撮ってください。
(写真の送信は21日以降でも問題ないですが、編集の関係上21日中には送ってください)
・あなたが見たもの・食べたもの、又は好きな場所とかテーマは何でもいいです。特にしばりはありません。
・大事なのは「普段の暮らし」。わざわざ何か準備したり、ポーズを決める必要はありません。普段通り。
・カメラを出してくる必要はありません(もちろん、カメラでとってもいいんです)。スマホでも大丈夫。うまいヘタではないので、気楽にどうぞ。
・誰かを撮影した場合、その写真が「ウエルカム矢祭」に掲載される旨、承諾を得てください。(状況によって、映像加工をさせていただくこともあります)
・仕事の様子を撮影しても(会社等で問題なければ)いいですが、明らかな宣伝はお控えください。

参加協力いただける方、まだまだ先の話ですが、今後ご連絡差し上げたいと思いますので、下記フォームにご記入の上送信してください。
(参加のための申し込みフォームです。ご連絡くださった方に写真の宛先をお知らせします)

「やまつりの〇月×日」?なにそれ?って方はこちらをどうぞ↓
machinoeki-yamatsuri.net/onedayinyamatsuri/

 

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。