【復旧作業】堆積土砂の片付けについて(台風19号に関する情報 その16)

コチラは台風19号に関する矢祭町の状況について
の続報です。随時新しい情報が入ったときには、新たな記事としてご案内します。
随時新しい情報を更新しています。情報は常に新しいものをご参考になさってください)

町内各地の浸水・冠水箇所で堆積した土砂が道路又は敷地内に残っている方へ
畑や裏山に移動させて処分する、という方も多いと思います。一方で、そうした処分に適した場所がない、という方への情報です。

役場町民福祉課 生活環境グループに尋ねたところ、土嚢袋に詰めて役場に持ち込んでくださいとのこと。

土嚢袋は役場にありますので、気軽にお声がけください。

なお、この件について、大変お手数ですが、ご自身で土砂を土嚢袋に詰めていただきご自身で役場に持ち込んでいただくことになります。役場担当者が各家庭に引き取りに行くなどは残念ながらできません。

その他の復旧作業でなかなか大変だとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、災害による堆積土砂はとても不潔です。作業をされる際は粉じんを吸い込まないようマスクやゴーグルをして感染症を予防するようにしましょう。→こちらに水害作業マニュアルを掲載しています

尚、それ以外の災害廃棄物については旧関岡小学校校庭にて受け入れていますので分別して持ち込んでください。家庭ごみは、本日より通常通り収集が始まっております。皆さんのご協力、よろしくお願いします。

詳しいお問い合わせは 役場町民福祉課 生活環境グループ 0247-46-4574 まで。

コメント

error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。